日本人旅行者必携のクレジットカード

日本人の国内・海外の旅行事情


誰でも一度は旅行に行ったことがあるものです。
家族旅行、修学旅行、卒業旅行、社員旅行、新婚旅行、一人旅行など沢山の種類があります。
また、旅行には国内旅行と海外旅行に分かれています。

国内旅行は日本国内を旅行するもので、金額はそれ程かからずにパスポートなしで自分の車や交通機関を利用して行くことができます。
まだまだ自分の知らない地域も沢山あるので、国内旅行は多くの可能性を秘めていると言えます。

海外旅行は日本国内旅行とはまったく違います

一方の海外旅行は日本を出て外国へ旅行することです。
飛行機代がかかり、時間もかかります。
場所によっては行くだけで数日程度かかるところもあります。
また、日本国内で発行したパスポートを持って行かなければなりません。
言語や文化、食事や風習などが日本とは異なるので、ひと苦労することもあります。
しかし、日本にはない風景や食べ物や文化が私たちを楽しませてくれるのです。

日本人の旅行文化は戦後に発展

そもそも旅行とは道が整備されるようになってから急速に発達しました。
それまでは遠くに行くのに歩いたり、馬に乗ったりしていたので非常に時間や労力がかかっていたのです。
さらに交通機関が発達すると人々は遠くまで時間や労力をかけずに行くことができるようになったのです。
このようにして旅行は国内から始まり、旅客機が登場した昭和以降になると海外にも行くことが増えたのです。

海外旅行には日本のクレジットカードが必須アイテム

海外に行くときには勿論お金が必要ですが、現金を沢山持ち歩くのは危険です。
海外は基本的には日本よりも治安の悪い国が圧倒的に多いからです。
このこともあり、現在はクレジットカードを利用した海外キャッシングが便利です。
これは海外で必要最低限のお金が使えるのです。
利点は手軽で簡単なこと、為替レートがお得なこと、手数料が分かりやすいこと、返済自在なことなどがあります。
これがあればお金を取られる心配がなく、必要な分だけ使える安心した海外旅行が可能になるわけです。”