日本でゴールドカードを持つメリットとは?

ゴールドカードの価値はプレミアム性にあり


ゴールドカードはクレジットカードの会社が発行しているカードの中でも一般のカードよりも上位に意味づけされているプレミアムカードです。
このカードは一般のカードよりも持つために必要な審査の基準が厳しくなっています。さらには、年会費が一般のカードよりも高額になるなど通常のカードとはかかる費用も異なってきます。
そんなゴールドカードを保有している人は一般のカードよりもよりよいサービスを受けることができるために持っている人が多いです。

ゴールドカードオーナーが受けられる特典

まず、大きな違いとしてポイントサービスなどの優遇があげられます。クレジットカードは、カードを利用するとその利用金額に応じてポイントが付与されるようになっていることが多いです。このポイントを貯めることによってさまざまなサービスを受けることができるようになっていたり、航空マイルに交換することができるようになっていたり、さらには利用した金額からキャッシュバックできるようになっているようなものもあります。このときにたまっていくポイントの付与率が一般のカードよりもゴールドカードの方が良くなっていることが多いので、カードの利用金額が大きい人ほどたくさんのポイントを得ることができるようになります。

ポイント付与とサービスに違いがある

さらにコンシェルジュサービスがついていて、カードの利用で困ったときにはパーソナルな対応をしてもらうことができます。
また、カードに付随されている保険も適用される範囲が広くなっていたり、補償の金額が大きくなっているなどのメリットもあります。
このように高額な年会費を払ってでもよりよいサービスを受けることができるようになっているのがゴールドの特徴になっています。カードを頻繁に利用する人には便利なカードです。”