日本人にお勧めのクレジットカードの国際ブランド

世界で使えるクレジットカードの国際ブランドとは?

【1】JCB(ジェーシービー)

クレジットカードの国際ブランドとしては、世界にたった5つしかありません。
この5つ以外のクレジットカードのブランドは、国内で使用はできても海外旅行では使用できない可能性が高いのです。
まずは日本発のブランド「JCB:Japan Credit Bureau(ジェーシービー:ジャパン・クレジット・ビュロー)」です。
日本ではもちろん使えない店はほとんどありません。
しかも海外でも日本人が多く訪れる観光地では使うことが出来る場所があります。
ただ、ほかのブランドに比べるとその普及度は低いです。

【2】VISA(ビザ)

次に、VISA(ビザ)です。
VISAは自社ではクレジットカードは発行していません。
日本では三井住友VISAカードなど、提携カードがたくさん発行されています。
世界レベルでも加盟店は非常に多いので、海外旅行でも安心して使うことができます。

【3】Master Card(マスターカード)

3つ目はMaster Card(マスターカード)です。
VISAと同じように提携カードがたくさん発行されています。
Master Cardはヨーロッパに強く、VISAはアメリカに強いと言われています。

American Express(アメリカン・エキスプレス)

4つ目はAmerican Express(アメリカン・エキスプレス)です。
通称はアメックスと呼ばれており、富裕層向けのクレジットカードと言われています。
VISA、Master Cardとは異なり、加盟店の多さを売りにするのではなく、T&E(トラベル&エンタテインメント)カードとして、サービスに力を入れています。

Diners Club(ダイナースクラブ)

最後に紹介するのが、Diners Club(ダイナースクラブ)です。
これもアメックスと同じように、富裕層向けのカードと言われています。
加盟店は多くはありませんが、レストラン等で一つ上のランクのサービスを受けることができたりします。
このように、クレジットカードの国際ブランドは一般層向けのVisaとMaster Card、富裕層向けのアメックスとDiners Club、そして日本ブランドのJCBと3つの大きなカテゴリーに分けることができます。”